ウイン2015年一次募集馬ラインナップ

 今年もすでに社台、サンデー、GI、ラフィアン、ウインなどの一口クラブで1歳馬(2014年産)の募集がはじまっています。40口の方は庶民には手が出せないので、自分は50/100口募集のラフィアン、400口募集のウイン、さらには今後募集がはじまるキャロットが主戦場。といっても最近ラフィアンは手が出なくなりつつありますが^^;

 まぁまだ3歳の未勝利を戦っている馬がいたり、デビューのメドが立っていない2歳がいたりもしますが、ひとまず現実からは目を逸らしつつ、未来のダービー馬探しをしていくことにしましょう。昨年5月に書いたウインのラインアップ紹介記事の中では、No.05ウインオスカー(スクリーンヒーロー×グローリサンディ)が新馬勝ち、ほか2頭が入厩済みということで、今年のこの記事からも活躍馬が出るのは間違いないのではないかといった雰囲気すらあります(謎の自信)

 → ウイン2014年一次募集馬ラインナップ(現2歳)
 → ウイン2012年一次募集馬ラインナップ(現4歳)

 なお募集馬のリストはウインの公式サイトでチェックできます。会員にはカタログ配布済みですし、サイトでも同様にカタログ情報、馬体写真、厩舎、価格などチェックできますのでぜひどうぞ。

 → 2015年第1次募集ラインナップ(ウインRC公式サイト)

20130630 コスモヴューファーム / Cosmo View Farm

 意味もなくコスモヴューファームからの眺望写真を載せてみましたが、ここ2年ほどは牧場ツアーに参加していないので、自前の写真はございません。。。馬体写真などは公式サイトにてチェックしていただければと。上記写真の彩度がイマイチなのは早朝モヤがかかってるタイミングで撮影してるせいです。日差しがあればもっと映えるのですが^^;

No.01 アイアムトゥルーの2014(牡・父スクリーンヒーロー)
 連勝でダービー卿CTと安田記念を制したモーリスと同じスクリーンヒーローの産駒。そして短めの距離で活躍馬を多く輩出してる西園厩舎予定ということで、現在1番人気でそろそろ満口が見えてきた1頭。というか自分も募集状況を見て速攻で申し込み書を出しました。って、これ書いたあとに満口になりました^^; 確実性があっていいんじゃないでしょうか。イケメンっぷりが西園メンコで隠されるというオンオフのギャップ萌えにも期待しております←

No.03 アポロティアラの2014(牡・父サマーバード)
 フェアリーSを勝ったアポロティアラの初仔で、父は日本で1世代だけしか産駒を遺せなかったサマーバード。2歳夏にデビューしてある程度結果を出して、ダートに転戦してもう一化けするような感じかなと。速攻系として気になる1頭です。

No.05 コウエイソフィアの2014(牡・父ステイゴールド)
 1つ上の全姉ウインフィロソフィ(出資馬)はCVFでの育成を終えて、既に関東外厩のBRF鉾田まで到達してます。コウエイソフィアは近年ステイゴールドばかりを配合されて、これで5頭目。マンネリ感ありつつもステイゴールド牡馬ということでそこそこの値段になるかと思いきや、遅生まれということもあるのか値段はお手軽。来年は更にステイゴールド産駒の値段が上がる気がするので、割安に出資するならこの辺りを狙ってみるのがいいのではないかと。

No.06 コスモヴァレンチの2014(牡・父ステイゴールド)
 半兄ドリームバレンチノはJBCスプリント制覇、半姉マイネショコラーデが函館2歳S2着。やたらとロージズインメイと相性の良い母馬なのですが、今回は父ステイゴールド。そして総額6200万円という強気の価格設定。「今回の目玉」というカタログのコメントも納得な馬体と動きなのですが、とにかく1口15.5万円を出せるかどうかがカギなんじゃないでしょうか。重賞獲れると思えれば迷わず出資しておきましょう。

No.08 サマーソングの2014(牡・父アイルハヴアナザー)
 今回は新種牡馬アイルハヴアナザー祭りになるかと思いきや、厳選されているのか意外と募集頭数は控えめな気がします。そんな中での父アイルハヴアナザー、そして母父ロージズインメイという岡田繁幸執念の血統がこちら。ウインの一次募集ではロージズインメイ産駒がいないので、ロージズ友の会(会員数不明)の皆さんはこの馬で我慢しておきましょう。

No.11 ダイイチビビットの2014(牡・父マツリダゴッホ)
 マイネルフロスト、ウインマーレライなどなどBRF系のクラブと相性の良い美浦・高木登厩舎予定。個人的に馬体が好みでなかったので躊躇したのですが、姉のコスモアンドロメダも2歳戦から結果だしてますし、父マツリダゴッホということもあって早くから動けそうな感じ。

No.12 タイムフェアレディの2014(牡・父ステイゴールド)
 ステイゴールド×メジロマックイーンのステマ配合。セレクトセールで4400万円で落札して募集価格が5200万円。育成費などを考えると妥当なところ。まぁあとはコスモヴァレンチのところでも書きましたが、それだけのリターンが見込めるかどうか。

No.19 アラームコールの2014(牝・父マツリダゴッホ)
 半兄には天皇賞馬ビートブラック。BRFグループにきてからの産駒がなかなか活躍していないこともあってか、今回は1口2.5万円、総額1000万円での募集になりました。ただ、5月生まれで値段を強気に設定できないという事情もあるでしょうし、父マツリダゴッホの良さが出て早い時期からコツコツ走ってくれれば充分に馬代金以上を稼いでくれるのではと。

No.21 グレートキャティの2014(牝・父ステイゴールド)
 栗毛のステイゴールド産駒というだけで勝手にテンションがあがってしまうような皆さんは迷うことなく出資しておきましょう← 見た目だけではなくて姉に東京ハイジャンプ勝ち馬イコールパートナー、兄に京都新聞杯勝ち馬ベストメンバーがいる血統でもあります。ド派手なルックスでド派手な活躍を期待しましょう。

No.29 チャンネルワンの2014(牝・父ステイゴールド)
 全兄にシルクメビウスがいる血統で、2つ上の全兄ウインガニオンも先日勝ち上がり。牝馬とは思えないしっかりとした馬体ですし、重賞勝ち馬の妹で2200万円というのも悪くない価格設定かなと。もうちょっと売れていいと思うのですが、票が伸びてこないのが謎。

20130629 ステイゴールド / Stay Gold

 ステイゴールド産駒を推しまくってしまったので、参考として父の写真を載せておきます。ステゴ産駒でもそうでなくても、400口募集なので気になったらとりあえず出資するというのも手です← ウイン既会員に紹介してもらうと入会金が2万円→1万円になる紹介キャンペーンもあるので、気になった方はご一報くださいませ。

スポンサーリンク
AD