キャロット2014年募集は2頭に出資確定

 3頭申し込んで2頭出資できました!なブログ、Turfwave525へようこそ!

 キャロットでの現1歳馬(2013年産馬)には、第一次募集で3頭に申し込んだというのは前回の記事にて出資理由を含めてお知らせしました。9/17(水)に希望者多数で抽選対象となった馬が発表となり、その抽選結果が9/19(金)に個々に伝達され、第一次募集での当落も判明しました。

当選 No.66 ブロードアピールの2013(父キンシャサノキセキ)※最優先希望
落選 No.18 ラズベリータイムの2013(父ワークフォース)
当選 No.15 ヴィアンローズの2013(父ヴィクトワールピサ)

 ブロードアピールとラズベリータイムは最優先希望で申し込んだ会員については全員当選、それ以外の一般で申し込んだ会員の中での抽選となっていて、その抽選でラズベリータイムは落選した形に。どちらを最優先希望にしていた場合でも抽選対象となったワケですし、これはこれで仕方無い結果ですね。一方でヴィアンローズは第一次募集期間中に申し込んだ方は全員出資可能となり、現時点で残口が149口(全400口募集)。これも今後1.5次募集や2次募集で満口になりそうですし、全く人気がないところに突撃した形にならなくて良かった、、、のかな?^^;

20130907 キンシャサノキセキ / Kinshasa no Kiseki

 以下は第一次募集で満口になった馬たち。まぁ細かくはキャロットの公式サイトで見ていただくとして、大まかな結果をここでも書きだしてみます。

【母馬優先の対象馬、最優先希望者で抽選】
No.11 ラドラーダの2013(父ダイワメジャー)
No.31 マイティースルーの2013(父ゴールドアリュール)
No.41 シーザリオの2013(父キングカメハメハ)
No.46 ディアデラノビアの2013(父ハービンジャー)
No.48 ブルーメンブラットの2013(父ハービンジャー)

【母馬優先の対象馬、最優先希望者は全員当選、一般で抽選】
No.25 クロノロジストの2013(父タニノギムレット)
No.43 ルミナスグルーヴの2013(父ハービンジャー)
No.52 クリソプレーズの2013(父ステイゴールド)
No.71 シャンスイの2013(父ドリームジャーニー)

【最優先希望者で抽選】
No.30 リッチダンサーの2013(父アドマイヤムーン)
No.36 アドマイヤサンデーの2013(父ジャングルポケット)
No.39 シンハリーズの2013(父ディープインパクト)
No.40 レーヴディマンの2013(父ディープインパクト)
No.45 ジュモーの2013(父ハービンジャー)
No.55 ヒストリックスターの2013(父ステイゴールド)
No.72 スキッフルの2013(父ドリームジャーニー)
No.79 ムービングアクトの2013(父サウスヴィグラス)

【最優先希望者は全員当選、一般で抽選】
No.03 クイックリトルミスの2013(父ディープインパクト)
No.04 ケルアモーレの2013(父キングカメハメハ)
No.06 モンローブロンドの2013(父ハービンジャー)
No.18 ラズベリータイムの2013(父ワークフォース)
No.19 イグジビットワンの2013(父ゼンノロブロイ)
No.38 レディドーヴィルの2013(父ディープインパクト)
No.50 ササファイヤーの2013(父ハーツクライ)
No.54 ココシュニックの2013(父ステイゴールド)
No.57 ガヴィオラの2013(父ダイワメジャー)
No.64 ダンスザクラシックスの2013(父ゼンノロブロイ)
No.66 ブロードアピールの2013(父キンシャサノキセキ)
No.78 スターリットラヴの2013(父ファルブラヴ)
No.83 シンプルザベストの2013(父ヴァーミリアン)

【既存会員は全員当選、新規入会者で抽選】
No.01 ジンジャーパンチの2013(父ディープインパクト)
No.37 ヒルダズパッションの2013(父ディープインパクト)

 ※見やすいように前年当落は表に反映していません。また、手入力のため詳しい情報は公式サイトにてご確認ください。

20130907 ヴィクトワールピサ / Victoire Pisa

 地方馬含めて全85頭(うち1頭募集中止)、そのうち32頭が第一次募集で満口になるという盛況っぷり。まぁ元々会員が多いのに加えてエピファネイアやハープスター効果で新規会員も増えていることでしょうから、これはこれで仕方無い結果だと思います。さらに社台やサンデーといったクラブでは40口募集ということもあり、自然と資金力でふるいにかけられる(財力がないと人気馬に申し込めない)ことになりますが、キャロットであれば400口募集ということもあって、高い馬でも30万円ほどで申し込めてしまいますからね。

 キャロットでは母馬に出資していた方で最大で200口まで占有されることになりますし、上の表では反映していませんが、一昨年や前年に最優先希望を出して落選した方も優位になるシステムになっています。それでも今年の場合であれば(落選権利なくても)最優先希望を出せば抽選でシーザリオ、ブルーメンブラット、アドマイヤサンデー、スキッフルあたりには出資できる可能性があったと考えると、これはこれでよく出来たシステムなのかなぁと。全員の希望を叶えるというのは現状の会員数では限界がありますし、その中でうまく立ち回る器用さも求められますね^^;

 落選したラズベリータイムですが、なんらかの理由で出資不可となった方が手放した分が再募集にかかると思うので、そのキャンセル募集にまわってくることを祈っておきたいと思います^^; 大竹先生にはジェベルムーサで大変お世話になっていますし、ぜひともまたお付き合いできればなと。そしてもちろん当選したブロードアピールとヴィアンローズには大いに期待していますし、競馬場でその勇姿を見るのを楽しみにしています。

スポンサーリンク
AD