大井競馬場の2号スタンドを見納めに

 初大井からもう13年も経ってる現実に打ちひしがれるブログ、Turfwave525へようこそ!

 そんな13年前の2001年はトーシンブリザードが羽田盃、東京王冠賞、東京ダービー、ジャパンダートダービーと3歳4冠を決め、第1回のJBCも行われた記念すべき年。そんな当時よく観戦していたのが大井競馬場の2号スタンド。そのスタンドが改修で取り壊されると聞いて、最終日である7月11日に大井へと足を運んでみました。

20010626 大井競馬場 / Ohi R.C.

 そもそも大井競馬場のスタンドがどうなっているのかということで、2001年当時の写真を引っ張り出してきました。手前の1コーナーの方から1号スタンド、中央スタンド(白いブースのある箇所)、2号スタンド、3号スタンド、そして1番奥がダイヤモンドターンのある4号スタンド。

 現在は1号スタンドと中央スタンドの代わりにL-WINGが出来て雰囲気は一変しましたが、2〜4号スタンドは当時と変わらず健在。しかしながら2015年のJBC開催を目指して2号スタンドが改装、3号スタンドも取り壊しが決まっているので、今後さらに雰囲気が大きく変わることになりそうです。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 そんな大井の2号スタンド。最大の特徴は誰が何と言おうと、レース観戦の邪魔になる柱です^^; 昼間開催とか大きなレースが無いときは全く問題ないのですが、2001年当時は大レース開催ともなるとスタンドがぎっしり埋まる時代。帝王賞とか東京大賞典目当てで開門ダッシュ決めたはいいけど、席のポジションを見誤ってゴール板とか直線の大事な場面が柱で見えない、、、なんてことも^^; それでもナイターで競馬見ながら食べたり飲んだりするのは本当に楽しかった。そんな思い出がたくさんつまった2号スタンドです。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 ゴール方向を見るとこんな感じ。まぁ今回はあえて柱を入れて写真を撮ったわけですが(笑)

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 2号スタンド最終日は指定席エリアも無料開放してくれるということで、はじめて上にあがってみました。指定席券をチェックするカウンターももう使われることは無いのですね。そして昭和の香りが漂う指定席の席番表。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 なるほど。指定席エリアからの眺めはこんな感じなのですね。空席ばかりだったのでどこか席を確保しようかとも思ったのですが、やっぱり自分には下の一般席がいいかなぁと思って、写真だけ撮って早々に撤退しました。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 改めて2号スタンドの外観を撮ってみたり。年季が入ってますけど、(柱さえジャマにならない位置なら)移動しやすくてレースも見やすいスタンドでしたね。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 スタンドの裏、パドック側はこんな感じ。予想屋スタンドはそのまま残るのかな、、、? このごちゃごちゃした感じも今回で見納め。

20140711 大井競馬場 2号スタンド / Ohi R.C. Stand-2

 あと2号スタンドといえばここですね。モツ串、煮込みのお店。屋号は「第一仲商店」というらしいですが、モツの店って言った方が通じますよね^^; 今後はダイヤモンドターンのある4号スタンドの1階でモツ串、煮込みの販売は継続するという告知が出ていたので、まずは一安心。大レースだと行列が出来ていたり、速攻で売り切れたりするお店ですが、これからは4号スタンドに行列ができることになりそうです。

スポンサーリンク
AD