ウイン2014年一次募集馬ラインナップ

 1歳馬と2歳馬が入り乱れるブログ、Turfwave525へようこそ!

 この時期はデビュー目前となる2歳馬のPOG選定時期であることに加えて、来年デビューとなる1歳馬の募集がはじまる時期。実際に出資を申し込むのはもう少し先になりますが、募集予定馬のラインナップだけで3杯ぐらいごはん食べられる状態になってる方も、全国に11万人ぐらいいるとかいないとか(適当)

 社台、サンデー、G1といったいわゆる40口の富裕層向けクラブは既に価格まで発表されたようですが、100口〜500口の大口クラブはこれからが本番。ということで、ウインバリアシオン、ウインフルブルームなどでおなじみなウインレーシングクラブにて、2013年産(現1歳)募集ラインナップが発表されたのでざっくり見ていきます。去年に引き続きとなりますね、、、と思ったら去年は記事書いてなくて、前回書いたのは2012年に募集された2011年産(現3歳)でした^^; 何気なくウインマーレライ(マツリダゴッホ×コスモチェーロ)、ウインフルブルーム(スペシャルウィーク×ハナノメガミ)の名前を出していたあたり、やるなぁ自分← あ、リストは公式サイトにありますので、見比べながら読んでいただければと。

 → 2014年度第1次募集馬ラインナップ(ウインRC公式サイト)

20140420 ウインフルブルーム / Win Full Bloom

No.04 グレートキャティの2013(牡・父コンデュイット)
 兄に京都新聞杯を勝ったベストメンバーがいる血統。この世代はステイゴールドとコンデュイットの産駒がたくさん居るハズなのですが、ウインで現在名前が出ているのは2頭だけ。それだけ厳選してのラインナップということでしょうし、2年目で産駒育成のノウハウも向上させてくるでしょうから狙い目なのかも。

No.05 グローリサンディの2013(牡・父スクリーンヒーロー)
 母の父は渋い渋いエイシンサンディ!母自身もエーデルワイス賞3着、それ以外にもホッカイドウ競馬などで重賞3勝という堅実な成績。そこにスクリーンヒーローを配合したことで、何気なくサンデーサイレンスの3×3という結構キツめのクロスに。手堅く稼いでくれそうなイメージですがどうでしょうかね。

No.06 コスモヴァレンチの2013(牡・父ロージズインメイ)
 これは今年の目玉候補でしょうかね。同じ血統となる全兄ドリームバレンチノが高松宮記念2着、スプリンターズS3着などしていますし、全姉のマイネショコラーデも函館2歳S2着。青毛の兄、青鹿毛の姉と同じように青鹿毛のキレイな馬体でスピードを活かした競馬をしてくれそう。

No.08 コスモチェーロの2013(牡・父ステイゴールド)
 1番上のマイネヒメルが1000万条件勝ち、2番目のウインマーレライが現3歳の重賞戦線で活躍中ということで、これまでハズレなしの血統。そこにステイゴールドを配合したということで、値段はウインにしては強気の1口7.5万(総額3000万円)^^;

No.11 ハナノメガミの2013(牡・ステイゴールド)
 兄のコーナーストーンが4勝、ウインフルブルームが皐月賞3着と走っている血統で、今年は父がステイゴールド。毎年ハナノメガミの仔はド派手な馬体に出るのですが、この馬もステイゴールドの栗毛ということで、今からカタログ写真を見るのが楽しみ。気性のことは二の次で←

No.21 アラームコールの2013(牝・父ステイゴールド)
 天皇賞・春を勝ったビートブラックの妹。前述グレートキャティもそうですが、ノースヒルズからBRFグループにきた繁殖牝馬というのは何頭かいるのですよね。これもステイゴールドですし、人気になりそうな感じ。

No.22 イクスキューズの2013(牝・父ダイワメジャー)
 イクスキューズ自身がクイーンC1着、ファンタジーSやクイーンSで2着。1つ上の姉ウインマハロ(父マツリダゴッホ)の評価が高いようですし、こちらも父ダイワメジャーで2歳戦の時期から楽しみ。ステイゴールドとかマツリダゴッホの産駒に票が集中して、人気の盲点になったりしない、、、かなぁ。普通に人気しそう^^;

No.26 コスモクリスタルの2013(牝・父ヴィクトワールピサ)
 現1歳はヴィクトワールピサやナカヤマフェスタが初年度となる世代。BRFグループ(ラフィアン&ウインなど)で募集がかかるとは思ってませんでしたが、まさかの登場。しっかし、コスモクリスタルの父はマイネルラヴなのですが、産駒の適性はどの辺りに出るんでしょうかね^^; 芝の1400ぐらいかなぁと予想するのですが、、、ウインマーレライのことを「芝の長いとこ」とか書いていたぐらいなので、アテになりません(笑)

No.29 シャインプレジャーの2013(牝・父ナカヤマフェスタ)
 こちらはNHKマイルCにも出走したウインフェニックスの妹。ウインフェニックスはスズカフェニックスの仔でしたが、1歳は新種牡馬ナカヤマフェスタの産駒。ステイゴールド産駒やマツリダゴッホ産駒に人気が集中しそうなので、すぐに満口とはならずにしばらく様子見できるのではと予想しておきます。

No.31 メジロシャープの2013(牝・父ステイゴールド)
 ウインでもようやく来ました、ステマ配合! リンカーンを種付けしたメジロシャープ(父メジロマックイーン)を買ってきて、その翌年に狙い通りステイゴールドを配合。牝馬に出たのは良いのかどうかわかりませんが、牡馬だと高くなりそうなので結果オーライなのかも? ひとまず芦毛に出たので、この血統で白いのが欲しかった人は迷わず行くべきでしょう(笑)

20130630 ステイゴールド / Stay Gold

 ということで、何頭か気になる馬をピックアップしてみました。ウインの場合は、募集直後に満口となってしまう馬は僅かなので、会員になっていない方でも出資しやすいのではないかと。自分も引き続き1〜2頭出資する方向で考えているので、カタログ&DVDが届いたら本気で検討モードに入ります。

スポンサーリンク
AD