ジェベルムーサ、マーチSで2着に

 出資馬が重賞で2着ですよ奥さん!なブログ、Turfwave525へようこそ!

 というわけで、タイトルと前書きですべて言い尽くしてしまった感がありますが。キャロットで出資しているジェベルムーサが先日のGIIIマーチSに挑戦し、2着と健闘してくれました。素晴らしい! 当日は2番人気にも推されていましたし、前走フェアウェルSの走りからも恥ずかしくないレースをしてくれると内心期待してましたが、それでも無事ゴールするまでは油断できないのが競馬でもあります。

20140330 ジェベルムーサ / Jebel Musa

 ジェベルムーサは元々3歳春にユニコーンSへ挑戦するプランもあったのですが、直前で大事をとって取りやめ。なんとか自己条件を勝ってレパードSに挑むも4着。大型馬ながら仕上げが難しい馬で、さらにウッドチップコースで調教をすると、チップ片ですぐ脚に傷を作ってしまうという状況。管理する大竹調教師だけではなくて、厩舎スタッフの方々や短期放牧に出されることが多いノーザンF天栄の方々も日々苦労しているのが近況などで伝わってくるだけに、無事出走し、ケガなく走り切ってくれればと常々祈っての観戦です。もちろんそれは他のすべての馬にもいえることなのですが。

 そんなジェベルムーサ。今回は追い切り後のコメントがどうにも歯切れが悪く^^; 実際に追い切りVTRを見ても、先行した馬を差しきれずに終わるという内容。そして設定されたハンデも57キロと、実績からするとちょっと重いかなという斤量。前走フェアウェルSのパフォーマンスで期待値が積み上がったのかもしれないですが、できれば1キロでも0.5キロでも軽く走って欲しいのが本音^^; そんなわけで、今回も期待半分不安半分でパドックを眺めることに。

20140330 ジェベルムーサ / Jebel Musa

 そんな心境で眺めていたからか、暮れのレースよりはちょっと状態が落ちていたかなという印象のパドック。どこが、というのはなかなか具体的に言葉にしにくいのですが^^; ちょっと脚運びに迫力がなくて554キロ(前走比+4キロ)の馬体重を持て余してるというか。筋肉が落ちやすい馬なのでプラス体重なこと自体は悪い材料ではないのですけどね。

 そんな複雑な想いで見つめながらのレース。って出遅れた>< 後から映像を見返してみると、ゲートを出たのは他馬と互角なのですが、加速が遅くて1完歩目2完歩目で遅れをとっている感じ。まぁそれでも後方で1コーナーをまわり、2コーナー過ぎで早くもジワジワと進出を開始。向こう正面から3コーナーにかかる辺りで先行集団にとりつき、4コーナーでは大外から先頭に並ぶ勢い。前走はオープンだったからか、ここから突き放しにかかったのですが、さすがは重賞(そして悪条件)。前をなかなか捕らえられないうちにロス無くまわってきたソロルに抜け出されてしまい、最後粘りに粘るも外伸びたドコフクカゼとほぼ同時でのゴールイン。

 もうこの頃には無事まわってきて、しかも重賞で上位争いできたというだけで、自分の思考回路がいっぱいいっぱいになってしまい^^; 写真判定も「2着ならいいけどなぁ」というどこか腑抜けた状態に。結果、ハナ差での2着。よく頑張ってくれました。とにかく感謝しかありませんね。

20140330 ジェベルムーサ / Jebel Musa

 今後は再びノーザンF天栄に放牧に出た後、5/24の平安S(京都ダ1900m)を目指していくとのこと。遠征がどうなのか、距離が伸びてどうなのか、状態はどうなのかと、クリアしなければならない課題は少なくないと思いますが、また結果を出してくれるように応援していきたいですね。

スポンサーリンク
AD