いざダービーTRへ

 気がつくと1ヶ月以上更新が止まったりするブログ、Turfwave525へようこそ!

 福山競馬レポの続きを書かなきゃと思っているうちに、福山競馬が廃止となってしまいました。第2回、第3回レポもゴールデンウィークのうちになんとかできればと思っていますが、あまり期待せずにお待ちください(苦笑) と、今回は一口馬主の話。要するに出資馬についての独り言です^^;

 先日の3歳500万条件で、出資馬のジェベルムーサが2勝目をあげました。父アグネスタキオンの大型馬でどうしても脚が心配になってしまうのですが、丹念にケアされつつ脚質の活きる府中で見事追い込みを決めての勝利となりました。一つ上の4歳世代でもグラーネが2勝してくれていて、2世代連続での2勝馬誕生は嬉しい限り。

20130420 ジェベルムーサ / Jebel Musa

 そのジェベルムーサですが、次走は今週末5/4(土)のダービートライアル、プリンシパルSに出走予定とのこと。これまでは脚元への不安からダートばかり使われていて、それでも上々の結果を出してくれていたのですが、ここで初の芝挑戦。不安は当然ずっとつきまとうのですが、それでも芝でどんな走りをしてくれるのかという期待はありますし、なにより世代頂点を決めるダービーへのステップレース。祈るようにしながら現地で見守りたいと思っています。

 思えば3歳世代は合計5頭出資していたのですが、ここまであまり良くない状況が続いていました。
・オルヴィエート(母エンシェントヒル) → アクシデントにより安楽死処分
・マイネハッピー(母コスモフォーチュン) → 骨折により未出走引退
・ルルドノヒトミ(母メジロルルド) → 未勝利、次走5/4ダート2100m出走予定
・ルナリア(母ムーンライトダンス) → 未勝利

 オルヴィエートはトレセンで調整中のアクシデント、マイネハッピーは度重なる骨折ということで予期せぬトラブルが続き、無事であることがいかに大切かということを痛感している世代でもあります。ついにはマイネハッピーが引退したことでラフィアンでの出資馬は0頭になってしまいました。。。

 一方で現2歳世代(キャロット2頭、ウイン2頭)はPOGの関連書籍で取り上げられている馬もいて、夏以降の楽しみも控えています。夏になれば1歳の募集馬ツアーもありますし、当分の間は一口沼から抜け出せそうにありません^^;

スポンサーリンク
AD