シゲルスダチ横断幕 – 3戦目

 気がつけば2012年後半はシゲルスダチ一色だったブログ、Turfwave525へようこそ!

 7月の新潟・NST賞を皮切りに、北九州記念、オパールS、京洛Sと追いかけ、そして迎えた12月9日(日)の尾張S。前述のレースは、GIII北九州記念以外はすべてオープン特別。我ながらよくやるなぁと思いますが、当然ながら尾張Sが行われる中京競馬場にも遠征してきました。今回が3度目となるシゲルスダチ横断幕の掲示にも無事成功。張り切りすぎて受け付け3番目、テレビやパドックで良く見かけるノースヒルズ幕のすぐ隣というポジション^^;

20121209 シゲルスダチ横断幕

 オパールS、京洛Sの行われた京都競馬場は、遠征経験も複数回あり、また事前に申請場所の下見などもしていたのですが、今回は不慣れな中京競馬場。なにせ10年前と今年3月(当時のブログ記事)に行ったきりですからね、、、。ものすごく不安になりながら開門を待っていたのですが、終わってみればあっけなく申請&掲示完了。横断幕の申請場所はペガサススタンド(4コーナー寄り、駅から来ると奥側)の1階にある総合インフォメーション。駅側の西門でも、駐車場側の東門からでも、どちらからでも同じぐらいの距離かと。今回しっかりチェックできたので、これで高松宮記念に出走となってもドンとこいですね(震え声)

20121209 シゲルスダチ / Shigeru Sudachi

 「鏡合わせかっ」 こうして見るとイラストと本人(?)そっくりですねぇ。主にメンコの部分がそう思わせているのでしょうけども^^;;

20121209 シゲルスダチ / Shigeru Sudachi

 パドックでは2人曳きで、相変わらず落ち着きのない仕草。イレ込んでいるというわけではなく、厩務員の鈴木さんと親子でジャレているという表現が正しいかと。世話をする側は相当な苦労でしょうが、外野からするとその姿が可愛くて仕方が無い。これでレースでもしっかり結果を出してくれれば言うこと無しなのですが、、、。

20121209 シゲルスダチ / Shigeru Sudachi

 鞍上の高倉騎手が「今回はスタートで終わっていた」というように、度外視していい1戦だったと思います。道中もチグハグで、結果は1番人気ながらシンガリ12着。無事にケガ無く走り切ってくれたのが何より。次は年明け1月14日(月祝)の淀短距離Sを使うプランもあるとか。また1ヶ月後に遠征、、、か。いいんです、無事に走り切ってくれれば。
 → シゲルスダチ / Shigeru Sudachi(Flickr)

スポンサーリンク
AD