ノルマンディーオーナーズクラブ

 ゴールデンウィークも馬以外の予定が特にない非リア充ブログ、Turfwave525へようこそ!

 さて、世間は1カ月後に迫ったダービーとその先を見据えて、POGの状況が気になる時期。先週あたりからPOG関連書籍がボコボコと発行されていますが、そんな中「丸ごとPOG」に気になる広告が。といってもPOGに関する広告ではなく、新たに誕生する一口クラブのものなんですが。

IMG_0974

 新クラブの名称は、ノルマンディーオーナーズクラブ。「クラシックウィナーの弟、妹も募集予定」ということで、具体的に2頭の名前が掲載されています。

・タニノシスターの11(牡・5/26生)
父ディープスカイ、母タニノシスター(姉ウオッカ)

・タニノジャドールの11(牝・3/11生)
父ストーミングホーム、母タニノジャドール(兄ビッグウィーク)

 というわけで、カントリー牧場ゆかりの血統が提供されるとのアナウンス。ここで思い出されるのが、今年2月のカントリー牧場解散という報道。
 → ウオッカ輩出のカントリー牧場閉鎖へ(sanspo.com)

 ウオッカなどを輩出したカントリー牧場の繁殖部門(繁殖牝馬、1歳馬)は岡田スタッドに売却、とあります。この岡田スタッドというのはマイネル・コスモ軍団総帥岡田繁幸氏の弟・岡田牧雄氏が経営する牧場で、マツリダゴッホ、スマートファルコンの生まれ故郷。さらに、岡田スタッド生産馬の育成を主にやっているのがノルマンディーファーム。新しいクラブ名もここが由来となっているのでしょう。つまり、岡田牧雄氏が伝統あるカントリー牧場を購入すると同時に一口クラブも立ち上げて、事業拡大するというのが真相のよう。

 新しいクラブではカントリー牧場の血統だけではなくて、前述のマツリダゴッホ、スマートファルコンに近い血統が募集されることもあるでしょうし、代表を務めるレックススタッドと密接な関係がある牧場、あるいはレックスのオーナーズ(馬主資格所有者限定の共有馬主システム)でつながりがある馬なども募集されるものと予想されます。既存のクラブには出てこなかったような血統馬が募集されることもありそうで、今後の動向が非常に気になります。

 ちなみに詳しいラインナップなどは7月に公開されるとのこと。そこに書かれたURLにアクセスすると、「このドメインはお名前.comで取得されています。」という無情なアナウンス^^;; ダミーページだけでも先行して公開することをオススメします、、、>関係者の方々

スポンサーリンク
AD