大井・羽田盃にも注目を

 地方の南関東でもいよいよ牡馬クラシックが開幕します。全国的な知名度では今一つかもしれませんが、今年は素質馬の参戦も多くて楽しみなシーズンになりそうな感じ。ちなみに南関東クラシックに該当するレースはこんな感じです。

【牡馬】
第1弾 5月11日:羽田盃(大井・ダ1800m)
第2弾 6月08日:東京ダービー(大井・ダ2000m)
第3弾 7月13日:ジャパンダートダービー(大井・ダ2000m)
【牝馬】
第1弾 4月13日:桜花賞(浦和・ダ1600m)
第2弾 5月12日:東京プリンセス賞(大井・ダ1800m)
第3弾 6月15日:関東オークス(川崎・ダ2100m)

 トーシンブリザード時代には羽田盃、東京王冠賞、東京ダービーが3冠で、JRAや他の地方競馬所属馬も出走できるジャパンダートダービーが「+1」の扱いでしたが、現在は東京王冠賞が無くなって、ジャパンダートダービーを含めて3冠という形になりました。牝馬のレースは最近は変化してない……ハズ^^;

 こうやってみてみると、牡馬クラシックは大井の1800~2000mを走れる適性さえあれば簡単に3冠獲れそうな感じに見えますが、実際はそう簡単にいく訳でもなく。地元生え抜きの馬は苦戦が続いていて、最近はホッカイドウ競馬からの転入馬(2歳にホッカイドウデビュー→2歳暮れ~3歳春に大井などに転厩)が強いですし、今年は別なパターンの馬が断然人気になりそうな雰囲気。

 言うまでもなく、世界に冠たるダーレー・グループが送り込んできたシーチャリオット(船橋・川島厩舎所属)。世界規模で活動しているダーレーらしく(?)、シーチャリオットはアメリカ産のシーキングザゴールド産駒。ここまで5戦4勝、敗れたのは全日本2歳優駿での2着のみという成績で、クラシック前哨戦の京浜盃も危なげない勝利。鞍上も波に乗ってる内田博幸ですし、揺るぎようのない
本命という印象。また単勝が1.2倍とか1.3倍になりそう……。

 他の陣営も相当に豪華。日本を代表する社台グループがマズルブラスト、スプリームシュガー、ブラックジール、ワールドエミネンスと計4頭をスタンバイさせてますし、大井競馬生え抜きのトウケ
イファイヤー、南関東が生んだ名馬コンサートボーイの仔サウンドイモンにも注目が集まりそうな感じ。

■5月11日(水) 大井10R・羽田盃 ダ1800m
 1着賞金:4000万円 発走:20時20分

1枠01番 ガイアヘッド    大井 牡3 56.0kg 真島大輔
2枠02番 ジークヴァルト   大井 牡3 56.0kg 鷹見 浩
3枠03番 メイプルエイト   船橋 牡3 56.0kg 張田 京
4枠04番 ワールドエミネンス 大井 牡3 56.0kg 石崎 駿
4枠05番 ボンネビルレコード 大井 牡3 56.0kg 的場文男
5枠06番 トウケイファイヤー 大井 牡3 56.0kg 有年 淳
5枠07番 スプリームシュガー 船橋 牡3 56.0kg 石崎隆之
6枠08番 アスリートフェア  大井 牡3 56.0kg 酒井 忍
6枠09番 ブラックジール   大井 牡3 56.0kg 左海誠二
7枠10番 キョウエイペガサス 大井 牡3 56.0kg 山田信大
7枠11番 シーチャリオット  船橋 牡3 56.0kg 内田博幸
8枠12番 サウンドイモン   大井 牡3 56.0kg 坂井英光
8枠13番 マズルブラスト   船橋 牡3 56.0kg 今野忠成

スポンサーリンク
AD