Roses In Mayが日本で種牡馬に

 今年のドバイWCを制したローゼズインメイ(Roses In May)が来年から日本で種牡馬入りすることが決まったようで。この第1報を聞いたときは、思わずニヤニヤしちゃいました。それはドバイWCを見ながらチャットでこんな発言をしていたから。

「ローゼズインメイ強いなぁ……」
「風貌がサンデーサイレンスにそっくりなので後日、社台が購入します(ウソ笑)」

 ゴール直後に勝ち馬のローゼズインメイがアップになった瞬間、ふと頭に浮かんだのは「ホントサンデーサイレンスにそっくりだな」という事。真っ黒い馬体に白い流星の持ち主で、姿形は大種牡馬サンデーサイレンスに瓜二つ。数年前に社台グループが日本に導入したウォーエンブレムは「サンデーサイレンスにそっくりだったから」というウソかホントかわからないような理由があったとの事なので、冗談で上のような発言をしたんですが……まさかホントに日本に来る事になるとはねぇ、、、。

 ちなみにローゼズインメイの権利を取得した日本人の名前や繋養先は発表されていないので、社台グループかどうかは謎。社台の場合はすぐ告知する気がするので、個人的には別な団体かなと推測しているんですが、、、。

 血統は父がデヴィルヒズデュー(Devil His Due)、祖父デヴィルズバッグ(Devil’s Bag=タイキシャトルの父)で、曾祖父がヘイロー(Halo=サンデーサイレンスの父)。サンデーサイレンスを父に持つような牝馬だと近親交配になってしまうのが難点かも。

 今年いっぱいは現役を続けるようで、今回の経緯があることからジャパンCダートあたりに参戦するという噂も。黒光りする素晴らしい馬体を、ぜひぜひ公開調教やパドックで見てみたいなと。

スポンサーリンク
AD