マイネルポポラーレ久しぶりの出走に想う

 出資馬のマイネルポポラーレが久々に出走します。今まで走ってないのは認めます。まぁ、引退に向けた決断があっても驚けない成績ですし。ただ、馬体が緩かったり気性の面でアテにならなかったりと、まだ力を出し尽くしてないだけにここで引退というのは惜しい訳で。何口も出資している人なら厳しいかもしれないですが、100口が中心のラフィアン所属馬ながらこの馬は400口。負担が少ない(月々の負担が数百円のときも)わけですし、可能性があるならチャレンジして欲しいなぁと。

 ラフィアン側のコメントも弱気で、先行きは不安ばかりという状況だったんですが、ここ何日かで希望の光が見えてきたのも事実。それはこのタイム比較を見てもらえればわかるんじゃないかと。

2004/12/15 栗東CW 82.6 – 66.8 – 52.8 – 39.5 – 13.6
2005/04/20 栗東CW 80.5 – 65.3 – 51.6 – 38.3 – 12.7

 叩き一杯でどうがんばっても82秒台、上がり13秒台後半のタイムしか出てなかった馬が、牧場から戻っていきなり2秒短縮。ラフィアンの公式サイトではまだ出てませんが、27日には80秒フラットのタイムも叩き出したようですし、少なくとも昨年暮れの状態よりは上向いてるのが確認できます。

 もちろん実戦ではこれ以上のラップでの走りを持続させないといけないので、素直に喜んでばかりはいられませんが、ひょっとしたら……という希望が見えてきたのは好材料。この時期の未勝利戦は強い馬がどんどん抜けてレベルが下がりつつあるだけに、あわよくばという想いで見守りたいと思います。

 高額馬で、なおかつラフィアンだと未勝利でもかなり手厚い補償が出るので、このまま引退を望むのもアリでしょうけど……自分の場合は1度出資したモノは返ってこないと思って投資してますし…どうせなら1勝(もちろんそれ以上の勝利も)して欲しいですから。デビュー前は芝の短距離でバンバン活躍する場面を夢見てましたけど、別に芝でもダートでも、地方の交流戦でも構わないのでとにかく良い走りをして欲しいのが正直なところですね。

スポンサーリンク
AD