種牡馬広告の季節

 年明けの時期になると週刊競馬ブック(ギャロップもだけど)に種牡馬の広告が多く載るようになりますね。もうそろそろ出産シーズンに突入しますが、それが終わればすぐに翌年に向けての種付け作業。種牡馬を管理する種馬場にとっては今が正念場という感じなんじゃないかと。

 2005年はキングカメハメハ(既に満口)、ダンスインザダーク、シンボリクリスエス、フレンチデピュティの600万円が最高価格になりそうな感じ。以前だったら800万とかでもいけたんでしょうけど、さすがに不況ですし、600万が精一杯というところでしょうね。最盛期に3000万もしたサンデーサイレンスは別格中の別格^^;

 500万円でアグネスタキオン。400万円がフォーティナイナー、サクラバクシンオー、フジキセキ、マンハッタンカフェ、クロフネといった辺り。リーディング上位を賑わせてる種牡馬もこの価格帯ですね。あとは未確認のアフリートとかブライアンズタイムがどの辺になるかでしょうか。

 ちなみに、、、上で書いた400万円以上の種牡馬のうち、フォーティナイナー(と未確認2頭)以外はすべて社台。実績があって魅力ある種牡馬はどうしても社台に集まってしまうんですよね、、、この流れを断ち切るような種牡馬、種馬場が出てくるかどうか……。

 という訳でチーフベアハートとかビッグレッドFがんばれ。

スポンサーリンク
AD