ワイルドラッシュに注目せよ

 エルムSとダービーグランプリを連勝したパーソナルラッシュが、ブリーダーズカップ・クラシックを目指すとの事。いやぁ、めちゃくちゃ楽しみですね。

 パーソナルラッシュの父ワイルドラッシュは日高の若手生産者が中心となって導入した生産界期待の星ということで、こっそりと期待していたりします。その代表産駒が父の母国で頂点を決めるレースに出るなんて……ドラマ派としてはこれだけでご飯何杯でも食べられますね^^

ついでだからワイルドラッシュの詳細データなどを、、、

血統
父ワイルドアゲイン × 母ローズパーク(母父プラグドニックル)

競走成績
アメリカGI・メトロポリタンH(約1600m)1着
アメリカGI・カーターH(約1400m)1着

種牡馬成績
1999年よりアメリカで供用。
産駒の勝ち上がり率が非常に高く、日本に輸入された初年度産駒4頭は全て初戦勝ちを飾った。

そして日本へ
その驚異的な勝ち上がり率に注目した日高の若手生産者が中心となって150万ドル(約1億8000万円)で購入。470万×70口(計3億2900万円)でのシンジケートが結成された。2004年春から日本での供用を開始したもののすぐさま8億円、その直後には10億円で買い戻すというオファーがあったらしい(全て断った模様)。現在は静内にあるアロースタッドにて繋養中。

 産駒はマイル~2000mぐらいまでなら対応できるようですし、ダート10f(約2000m)のBCクラシックは充分にこなせると思います。2000mのダービーグランプリも全く危なげない走りでしたしね。

 今年種付けしたってことは来年産まれて、、、内国産のワイルドラッシュ産駒がラフィアンで募集されるとすると、再来年? おいおい、そんなに待てないって!アメリカで買い付けて即刻募集して欲しいぐらいです←

スポンサーリンク
AD